• 微分積分に苦手意識や難しいと感じている人
  • 微分積分って何なの??ともう一度勉強したい人

 

 

 

これを読めば勉強する意欲が湧いてくるおススメの本をご紹介します!!

 

 

高校生には、参考書や教科書なんかよりぜひ読ませたい本です。数学好きになってほしいなら購入をおススメします!

 

 

スポンサーリンク

高校の授業では??

 

まずは、微分・導関数の定義軽くご覧ください。

 

 

①極限値
極限値
関数f(x)において、xがaと異なる値をとりながらaに限りなく近づくとき、f(x)がある一定の値αに限りなく近づく場合、このαをf(x)の極限値という。
\(\displaystyle\lim_{x \to a}f(x)=α\)

 

 

②微分係数
微分係数
関数f(x)のx=aにおける微分係数(変化率)は
\(f'(a)=\displaystyle\lim_{x \to a}\frac{f(b)-f(a)}{b-a}\)

 

③導関数
導関数
関数f(x)の導関数f'(x)の定義は
\(f'(x)=\displaystyle\lim_{h \to 0}\frac{f(x+h)-f(x)}{h}\)
関数f(x)から導関数f'(x)を求めることを、f(x)を微分するという。

 

 

いきなり、このような内容を教えられても抵抗ありませんか

 

 

 

さらに、f'(x)というのは

 

 

\(y’ , \frac{dy}{dx} , \frac{d}{dx}f(x) ,\frac{\Delta y}{\Delta x}\)

 

 

このように表すこともできます。何の説明もなければ本当に嫌になると思います。

 

 

・・・しかし、受験があります。。

 

 

よくわからないし、面白くないけど色んな問題を解かないと・・・。

 

 

このような状態になっている人がほとんどだと思います。

 

 

 

 

これから紹介する本を読めば、少なくともこのような状態は改善され、微分積分に対して興味をもつようになると思います。

 

 

人によっては微分積分について詳しくなり、勉強する意欲も湧いてきます。苦手な問題も克服しやすくなり、気づけば点数が上がってきて数学が好きになるかも・・。

 

スポンサーリンク

Newtonシリーズ

 

科学雑誌で有名なNewtonシリーズです。

 

その中でも別冊系が図解多く、わかりやすくておススメです。

 

①Newton別冊 微分と積分

 

 

 

Amazonレビューを要約

①メリット面

理系なら何歳でも遅くない1冊です。

「この本にあの時出会えてたら、もっと自分の好きな理系の仕事で頑張っていた」
「なぜ微分積分が必要なのか、高校時代には一切教わっていない気がする。この本を手にできた自分の運命に感謝」
「微積分ができるひとでも、人に説明するとなると「なぜ微積分が必要なの?」には答えられないと思う。この本は親が子供に与える一冊です。」
「Newtonの図解による解説がいい」
「子どもの愛読書。幅広く知識がつけられる、暇な時に読んでいる」
「ここまで噛み砕いた説明はみたことがない」

 

②デメリット面

 

難関大学を合格するような数学に自信がある人にはお遊びかも・・・。

 

 

 

この本は、微分積分の入門書です!数学力の高い人には物足りなさがあるかもですが、、一般の人には問題ないです。

 

 

 

私が高校教師なら、微分積分の単元に入れば間違いなくこの本を使用します!!

 

 

 

理系の子どもに買ってあげれば、間違いなくモチベーションアップすると思います。箸休めにピッタリな本です。

 

 

 

難しい数式はほとんどないので、微分積分を忘れている社会人でも楽しめます!

 

 

 

 

 

ライトもコンパクトにまとまっていますが、別冊のほうがいいと感じます。

 

 

 

数学ガールシリーズ

 

数学ガールシリーズの中でも、

 

中学・高校数学レベルの数学をやさしく解き明かしてくれる「秘密のノート」です。

 

②数学ガールの秘密のノート 微分を追いかけて

 

 

Amazonレビューを要約

①メリット面

分かりやすく、面白い。

「僕・ユーリ・テトラちゃんなどの登場人物たちと一緒に微分について楽しむことができます。」
高校で微分を勉強した人であれば、スラスラ読めると思います。」
「高校の時は、教科書を淡々と説明する先生に教わり、「知識、解法を詰め込まれているだけ。楽しくない。」と感じていましたが、この本はそのような印象を受けませんでした。概念を理解してそこから無理なく枝葉を伸ばしていく感じですんなり頭に入ってきます。数学は覚えるものではなく理解するものだということを改めて実感させてくれる本でした。」

 

 

②デメリット面

 

数学好きのための本。初心者向けではない。

 

初めて学ぶ場合はわかりにくいところがある。大学レベルまではいっていない。

 

 

ライトノベル系で抵抗ある人もいるかもしれません。・・・・私もそうでした。

 

 

 

しかし、凄く読みやすくて、分かりやすいです。レビューでは、初心者向けではない、、とありますが、そんなことないと思います。

 

 

 

一回微分を勉強した人が軽く復習するにも、いいですし、高校の授業と並行して読んでもいいです。

 

 

 

わかりづらいところは、微分積分の単元終了してから読めばより深みが増すと思います。

 

 

 

 

③数学ガールの秘密のノート 積分を見つめて

 

 

 

Amazonレビューを要約

①メリット面

じっくり読むほど面白い。

「まるで優しい先生に教わっているような感じ。」
「このシリーズ毎回購入しています。」
「最初の部分なら、中学数学しか知らなくても理解できます。」
「理解を深めることができる本。」

 

②デメリット面

 

「秘密のノート/微分を追いかけて」を読んでから読むほうがいい。

 

 

「微分を追いかけて」とセット購入がいいです。今までと違った視点からの微分と積分を感じられるはずです。

 

 

 

まとめ

微分積分に関する本はまだありますが、

 

 

まず微分積分に興味を持つようになる3冊を紹介しました!

  • Newton別冊微分と積分
  • 数学ガールの秘密のノート/微分を追いかけて
  • 数学ガールの秘密のノート/積分を見つめて

 

 

私の一番のおススメはNewton別冊シリーズです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事